サイト内検索
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2018年04月 次月>>
最新コメント
リンク
運営者情報
RSS
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
思うところ書きます。まとめず書きます。個人の妄想的勢いで書いた内容です。

最近のMicrosoftの方向性はすごく良いと思います。WindowsやOfficeという特定のソフトウェアという枠から脱却して、サービスを中心に据えたビジネスに転換しています。プラットフォームという括りも捨ててきました。それは一つ、クラウドファーストという言葉でも表現されているように思います。提供するものがサービスなので、それがどこで動いていようが関係ない、クラウド側で動いてユーザがそのサービスを受けるのは、Windowsだけではなく、iOSでもAndroidでもいいのです。Unixでもいい。最近のMicrosoftは様々なアプリを他のプラットフォームに展開しています。それは、Windowsを捨てるということではないです。もうMicrosoft自身も気づいたのでしょうが、Microsoft=Windows、Microsoft=Officeではないということだと思います。もちろん、サービスをスムーズに提供できる一連のプラットフォームは自身でも提供するでしょう。でも製品が重要ではないのです。

Appleはデバイスが中心のように見えるので、かつ一社で完結しています。Appleは特定のプラットフォームに閉じています。一回こけると一気に衰退する可能性があると思います。Microsoftは、Appleのプラットフォーム上にもサービスを展開しています。これが強みだと思います。そしてMicrosoftはAppleと違って一社で完結しようとは考えていません。様々な企業と手を組もうとしています。

今のCEOのサトヤ・ナデラさんが就任してから、モバイルファースト、クラウドファーストというのを掲げていました。最初はピンときませんでしたが、今ならなんとなく分かります。最初は節操なくなったなあと感じました。でもそうではないんだなと今なら分かります。

Googleは元々クラウドファーストだし、モバイルファーストのようでした。検索という最初からサービス中心の考え方でした。Microsoftより先行しているように見えます。が、Googleは巨大な見本市でも作ろうとしているかのようです。それともインターネット上に神を出現させたいのでしょうか。今のところ、アカデミックなスタンスが強く、個々ではMicrosoftと競合しているように見えますが、少し方向性が違うように思います。Microsoftはやはりビジネスをやろうとしているし、そのために社会が重要だと分かっているように思います。Googleはやりたいことをやってお金は後から付いてくる、そんな仕事のやり方なイメージがあります。あの規模ですごいですよね。結果は同じかもしれませんが、その方が面白いとは思います。

勝手なイメージです。
Apple=デザイナー
Microsoft=プログラマー
Google=ハッカー

まあ今さら無理ですが、Microsoftで働いてみたい、という夢があります。Microsoftで働くことが目的になってるという、本末転倒な話ですけどね。

この記事コメント

コメントをアップする










提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..