サイト内検索
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2015年11月 次月>>
最新コメント
リンク
運営者情報
RSS
POWERED BY
BLOGN(ぶろぐん)
BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
Lumia1520を持っていますが大きくて仕事中に胸ポケットに入れて持ち歩くのがしんどくなってきました。MADOSMAがWindowsPhone8.1で出ていたのですが、5インチ画面は少し大きいかなと思って躊躇していました。そして、ここにきて日本国内でWindows10Mobileが一気に発売されることになりました。これはもう買うしかない。日本最速と謳ってFreetelがKATANA01を11/30発売と発表したので、さらに思ったよりも値段を下げてきたので思わずポチッとしました。狙っていた5インチ未満の4.5インチ画面です。重さはMADOSMAより重いですが、そこは低価格なのでしょうがないですね。うーん、持ち歩きやすいのは重さだろうか、大きさだろうか。今更悩んでも仕方ないですけど(値段で選んだ感もあるしw)。

使い方としては、SIMをLumia1520からKATANA01に移して、連絡(電話、メッセージ、LINE、、など)はKATANA01にして肌身離さずで、情報端末としてLumia1520をSIMなしでKATANA01ホットスポットに接続するってことを考えています。仕事中は個人メールやWeb、SNS見ないことにして、Lumia1520はカバン待機にしようと思っています。

次に待つのはMicrosoft Band2です。電話の通知に気づかないことがあるのと、FitBit持ち歩くのも自然じゃない形になっているので、腕時計型がほしい。腕時計は長く使えるものをと考えていたのだけど、思ったより腕時計が邪魔に感じてつけなくなったので買う気がなくなっていました。でも情報機器系なら興味心が邪魔な感じを補えるんじゃないかと淡く期待しています。費用対効果小さいなあと理性的には思いつつも、欲しいという感情が勝っています。大抵は、後でやっぱりと思うことが多いですが、後悔はしないことにしています。最近知った言い方では、「その結果が良かったか悪かったかは結局死ぬ時まで分からない」ってことですね。短期的に失敗と思っても後になって実は成功と思える可能性はあるわけです。後悔できるのは最後の死ぬ時です(言い訳になんて大げさなことをww)。これだけWindows10Mobileが発売される状況なら近々来るのではと期待しています。



まだ読んでいる途中です。

読んでいて、なぜかジーンときました。

前に「フェルマーの最終定理」というのを読んで、これは面白かったのだけど、それとは違う感覚が来た。



フェルマーの最終定理は自分の中では(間違ってると思います、すみません)純粋な数の理論って感じで終わったのだけど、ファインマンさんの取り組んでいる量子論とかってこの世の中の物理的な仕組みを解き明かすというか、大げさにいうと世界の理、神を理解しようとしているような壮大さを感じてしまった。コメンテーターの勝谷さんが量子論と仏教?だかが似ていると言っていたけど、世界の仕組みの根本的なことが量子論だとすると、たとえ宗教が人間の思想という形のないものであってもその世界の仕組みの影響を受けて類似したものになっていてもおかしくはないのではないかと思いました。

神の一端が数式で理解できるという考え方はなかなかに興味深いことだなーと。

以下のトピックを追求していきます。

①ライブラリ環境

②ツール活用
メトリクス、コード解析(静的、動的、バグ)、整形

③設計書とコードのシームレスな統合

ひらりんは、

Microsoft

が好きです。

Appleはどうも好きになれない。

ジョブズは尊敬しています。

Googleも一時好きだったのですが、

なんだか得たいがしれないと

思ってしまってから気持ちが離れています。


Microsoftはエンジニア集団な感じで、

Appleはデザイナー集団な感じで、

Googleはハッカー集団な感じです。


あくまで、ひらりんの個人的な好みと見解の話です。ハイ

最近、週一回、30分ほど泳いでいます。

時間をかけると続かなくなるので、

30分、集中して泳ぎます。

テーマは継続です。

時間長くすると続かないので30分だけ。

量より質を重視です。

質(負荷)を高めます。

例えば、

・スピード上げる

・息継ぎの回数減らす

ひらりんはずっと毎回右で息継ぎしてましたが、
例えばこれを二回に一回右で息継ぎに減らすとか。

あ、左の息継ぎもできるようにしたいな。

・インターバルの間隔を短くする

今は50m泳いで30秒休む間隔です。
20秒、10秒、、、0秒?
ひえー30分泳ぎとおし?

・インターバルの距離を伸ばす
今は50mです。
次は100mずつですかね。


学生の頃、水泳部だったけど、量ばかりで泳ぎ方や、
練習の質って考えてなかったです。
⇒指導してくれる人いなかったし。(^^;

今の方が、フォームとかいろいろ考えて泳いでます。

もっと早く考えることに気づけばよかったんですが。

過去については、そういうタイミングの人生だったということですね。

これからです。



提供:ビジネスブログのe売るしくみ研究所..