ミーティング/100514@月の宴

Top > ミーティング > 100514@月の宴

第?回最新のミーティングは、、(?は分かったときに修正しょうw)

過去のミーティングの議事録が書けてないのだけど、ミーティングは続いているわけ。あまりためすぎると忘れるので、せめて新しいところは、覚えているうちに書いておこうと思う。
続けているとはいえ、ここ2、3ヶ月は仕事が忙しかったり、家庭の事情もあったりで、少しトーンダウンしてる感じ。いや、それよりは、このrichtext.jpも1年以上継続し、きむたかとひらりんで、それなりの話題は一通りこなしてしまったってことかもしれない。次のステップへ向けての模索期間なのかな。
というわけで、ゆるい内容になった。それでも4時間くらいはしゃべってたかな。プロッキーもMindMapの活躍もなく、ちょっぴり普段の仕事のグチぽい話が多くなった。そうそう、珍しく飲み屋で実施したけど、長時間居続けるには、ドリンクバーは必須だ、と思ったね。

ひらりんプチ凹む

研修の発表で、しょうもない内容をしゃべったという話。ひらりんは、期待されることを期待通りにやってしまうことに抵抗があるみたいだ。天邪鬼か!?
どちらにしても、もっとましなことしゃべれなかったのか、って反省。
素直に考えていることを素直にしゃべると、一般人の思考とギャップがあることが自分で分かるので、フィルタを入れてるらしい。そうやって素直に考えを口に出せないところが、うまくしゃべれない原因だと、ひらりん自身分析しているようである。

きむたかの話

どうやら監視されているらしい。何か、やばいことをやっているのか?(そういうことじゃないです)
どうやって監視の目をかわしながら行動するのか?今後の課題だ。

そう、いろいろと監視されてます。フリーダム~。w (きむたか)

自分ブランド

[Me2.0]という本で、パーソナルブランド、見せたい自分を見せたいように見せるための方法論が書いてある。ひらりんは読んだ。きむたか、図書館に申請中~。今、きむたか、ひらりんもrichtext.jpというブランドでブログを書いたりtwitterで発言したりしてる。そこには、しっかりと見せたい姿を持った上で、それに沿った振る舞いをすることが大事なんだ。
これまでなんとなく、やってきた。それでもそれなりのイメージは作れていると思う。けれど、これからは、もっと「見せたい姿」を意識していきたいと思う。
そういう話は「自分は何者なのか?」という問いに発展する。が、今回は、そこまで深い話はしないよ。

ちなみに、

きむたかと、ひらりんは嫌いなものが似てる。

  • カレーのじゃがいも
  • さざえ
  • 焼き鳥の、あれは、なんだっけ?
    • 砂ずりですね。どうしても好きになれない・・・。
      ひらりん食べてくれて、ありがとー。w (きむたか)

ところで、ひらりんは、あわびを目の前で焼いて食べるの、嫌いだ。生き物を火で炙って殺して食べる、、、社内旅行であれを見てから、もう、ともかく、あわびは食べれない。食べるための殺生はしょうがないと思うけど、わざわざ、目の前で殺すことはないじゃん!!

今後のrichtext.jp

  • コンテンツの充実
    ブログやwiki、twitterなどの活動は今後も続けよう!
    ただ、1年以上続けてきて、ブログやwikiもたまってきているので、そろそろ人目にさらしていってもいいんじゃないか、と。
    twitterや他の人へのブログへのコメントなどで、広げる活動もやっていこう!
  • 交流
    相変わらずシャイな二人。イベントなどには引き続き参加していきたい。
    あと、どこかに所属して、交流を深める活動も模索していきたいなーということです。
  • 技術
    基礎鍛錬を続けることが大事。武蔵の五輪書にも鍛錬が大事と書いてある。体得すべし。
    JavaもしくはScalaで毎日でもコードを書いて、自分のものとしたい。
    蓄積したコードは継続すれば、きっと高品質で役に立つライブラリになるはずだ。常にリファクタリングするから!
     
    (ここからきむたか追加) 
    Webの軸が技術からサービスに移行してる、ってひらりんの話し。
    これはそうかも、と考えさせられた。
    この4月、人事異動できむたかの課に新しい上司がきた。設計技術の向上ミッションをおおせつかったらしい。w
    まだ深くコミュニケーションが取れてないものの、話しがわかる感じ。より技術的な面で。ちょっとうれしい。w
    その上司、Aさんが昼休みにぽろっと一言。
    「Webの世界って、なんか混沌(こんとん)としてるなー」って。
    きむたかは情報システム、特にWeb系に関わってる。
    Aさんは、ASPも昔やってたらしいけど、基本、組み込み系。
    きむたかは「そうなんだ、混沌としてない世界もあるんだ」とちょっと興味が出たり。(組み込みやってみるか?w)
    その話しについてひらりんが
    今、Webの世界では、技術より、技術から生み出されるサービス、たとえばSNS、twitterとかに
    その軸足が移っている。その状況が技術の混沌さを生んでいる、って。
    そうか、そうかもな、と思った。
    サービスのために、あらゆる技術が試される。その結果としての技術の乱立があるのかもしれない。
    その結果としての混沌さ・・・。と考えると、この先も混沌さは続くのかもしれない。
    とはいえ企業内の情報システムでは、そこまで混沌さはないだろうねーなんて感じで、この話しはしめくくりました。

そうそう、

きむたか、武蔵の五輪書知らなかったよ。
調べてみた?

調べてみたっすー。
そっこー図書館リクエストしましたー。(きむたか)

そして、

richtext.jp は、ゆるくても続いてゆくよ。
そして、いつか、世の中にそれとなく、インパクトを与えるだろう。

最終更新日: 2012-05-04 (金) 22:27:55 (1995d)

このページをブックマーク:

このページのURL(コピペして利用下さい):

新規ページ作成

下層ページ作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP